2017年10月20日

まず終わらせるより完璧を目指せ?

DJW5zR5UQAILlMg.jpg

なんやかんやで、ブログの更新を続けていますね。
普段あまり同期や友人に会えていないので、喋っていないからかなあ。
話したい代わりに、ブログに書いている気がします。
しかも、ネガなことばかりです。
すいません。

今回もそんな話です。
まったく整理できていない話で、どうなんだろうとモヤモヤしている話です。

なにか仕事をした時に、完璧に作ってから人に見せるか
そうではなく、できかけの状態で、とりあえず見せるか。

時と場合、どんな仕事なの?とか、いろいろありますが、
基本スタンスとして、どっちのほうがいいんだろう

イメージするのは、最終成果物の前の、中間的なドキュメントみたいなのかな。
システム開発なら、仕様書みたいなやつ。
見積り書でもなく、コードでもなく、検収書でもなく。

自分は、とりあえず大きなイメージ、方針、シルエットを合わせたい
だから、まずラフスケッチをみてもらい
言葉尻の細かいところや、体裁は最後に時間があれば、仕上げればいい
そんなスタンスでいた

あんまり細部に拘ってない。
伝わったら良いかなと、意思疎通ができるならいいかなと。
そんなスタンスでやっちゃうんですけど

常に100%の完成度を目指して「仕事がデキない」人、8割でやめて大きな成果を上げる人 | ビジネスジャーナル


でも、逆なスタンスでやって来ている人もいるだろう
人に見せるんだから、100%で見せろよっていう考え。
途中で見せるとか、自分の考えも整理できないのか?
途中でひとに意見をもらおうなんて、甘えじゃないのか
言われたとおりにするつもりなの?
受け身で仕事してんじゃねえよ

振り切っていうと、こんな風に受け取る人もいるかもしれない
きっとそういうのって、今までの仕事の仕方、指摘の受け方によるだろう。
とても影響をうけているとおもう

反面教師って、大事だと思うんだけど、鵜呑みにしてるんだろう
それで特に失敗もしてきてないから正解なんだろう
でも、ほんとうに失敗していないの?
出来上がったあとに「全然違う」って言われて、残業しまくっていたんじゃないの
そういうのは失敗ではないって決めつけてないかい

ここまで書いてきたけど、最初に来たとおり、ケースバイケースだろう
一概にどっちがいいと言えないだろう。
であるとすれば、どちらかに偏っているのはおかしいね
この話も偏って話を続けてしまった

いいとこどり、反面教師して、いいモノをつくろう。
オチとして、ええもん作れたらええやん




なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 18:00 | Comment(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。