2016年01月25日

SNSがリアルなコミュニケーションを希薄にしている

36cbe8e11e135db30a86ed408d59f35b_s.jpg

こんにちは、komeshogunです。

今回は最近ちょっと感じている若手社員とのギャップについて書いてみます。

ある日、若手社員にぼんやりとした作業依頼をしました。自分でも雑な頼み方になってるなと思いながらも、別件で急いでいることがあったので、分からなかったら聞いてくるだろう。と思って頼みました。

大丈夫?出来そう?意味分かる?

はい。調べます。

(ん?調べる?どういう事やろ?過去事例とか見てみるとか、他の人のやり方を参考にしますとかそういう意味で言っているのかな。確かにちょっと見てみて欲しいし)じゃあ、よろしく。

このカッコの部分を口に出せばよかったんですが、怠けました、すいません。出来上がってきたものは、全然頼んだものと違い、最初からもう一度やり直すことになりました。その時に聞いて分かったことは、調べる=ググる(Googleで検索する)ということだったということ。でも、顧客独特の業務知識や、システムの独自名称等であればググっても出てこないんです。そんなことがググって出て来たら、俺らの仕事の価値がありません。

出てくるわけがないのに、それでも「教えて下さい」とは言われず、終わりましたと報告する。まずは自分で調べてみてからという姿勢は良いと思います。すぐに教えて教えてと言われても困りますが、ググッて出て来た答えをドヤ顔で出されてても、「いや、それコピペやん。一般論をそのまま持ってこられても」もっと困ります。なぜこれで頼まれた仕事が達せられたと思ったのかも疑問になる。

近くに有識者がいるんだから一言聞いたら良いじゃないか。人に聞いたら自分のためにならないと思っているのか?自分の知識として蓄積されないと思っているのか?ぐぐっても自分の知識にならないやつはならないし、知識になるやつはなる。どういうことなんだろうと考えた結果、「SNSがリアルなコミュニケーションを気迫にしているのではないか」という仮説を立てました。

スマフォが広まって、SNSが流行っているからコミュニケーションが行われる機会が増え、より上手になっているのかと思っていたけど、反対なんです。新社会人にとって、顔の見えない人や知らない人とのコミュニケーションは増えているけど、知っている人とのコミュニケーションにスマフォは利用されていない。そもそもスマフォの使い方、SNSでの繋がり方もおっちゃん世代と違うんだなということを理解しておかないといけない。自分たちを基準にすると、「Facebookでも繋がってるから今まで以上に親近感湧くよね」ってなるけど、そうじゃない。

ウィキペディアやGoogle、知らない人が教えてくれるから、目の前にいる、利害関係のある人に聞く必要はない。だから別に最低限の会話さえすればいいし、飲み会に行く必要もない。

極端にいうとそういう発想の人が増えているのかもしれません。
今回の件は、これ以外にも原因がありそうですが、、、(ちなみに若手社員とのやり取りは大げさに書いています)

💡今回の学び
いつまでも若者と同じ発想ができると思わないほうが良い

👣明日への一歩
相手を理解することを常に一歩目にする。

なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

メンバーとしてリーダーがすべきだと思う3つのこと

4554812d04e7fde0b0e9fae2aa3a9987_s.jpg

こんばんは、komeshogunです。

入社してから4,5年経ってくらいでリーダー的な仕事の立場をやるようになっていました。が、最近久しぶりにメンバー的なポジションで仕事をしている。かなり大変なプロジェクトと聞いていたけど、入ってみると人数的には5,6人くらい。中国に結構な人数が構えているのだが、目に見える人はそれくらいしかいない。正直これくらいなら自分でも回せそうだなと思うところもあるのだが、新しい職場なので今までの慣習を学びつつ、プロジェクトを回すのは少しハードルが高い。新しいリーダーの元で仕事のやり方を勉強できる機会も早々無いので、どんな風にするのかなあと思ってた。

そうして半年くらい経ったかな?だいぶプロジェクトも終盤になってきたのだけど、リーダーとして勉強になったところ、メンバーとして入って思ったことが結構ある。決して今のリーダーが出来ていないというわけではなく、久しぶりにメンバーになったからこそ気付けたことかな。今回は久しぶりにメンバーになったからこそ見えたところを整理したい。次にリーダーになるときには注意しようと思ったところがある。

@情報はとにかく伝える。

お客さんとの会議、部内の上位者会議のフィードバック、お客さんからの感謝、クレーム、プロジェクトの要員計画(とくに自分の今後の立ち位置)など、リーダーにしか入ってこない情報っていうのは結構ある。リーダーだと知っていて当然なことなので、メンバーに伝わっていないということに気付けていないのかもしれない。曖昧な情報であっても、曖昧だということで状況が伝わるということもある。なにも教えてもらえないよりも、断然ありがたい。加えて、速報性も大切だ。自分のリーダーから聞いていないのに、他のリーダーから情報を聞いてしまうと自分のリーダーは自分を信頼してくれていないのか、と疑ってしまうことになる。なので、出来るだけ早く情報を伝える。情報を伝えることで、いろいろ悩ませたり、混乱させてしまうのではないかと考えてしまうかもしれないが、相手と一緒に考えることができるというメリットがある。当事者意識をもってもらえ、お互いの信頼関係も強くなる。そう感じた。

Aチームのタスクは見える化する。

忙しそうな人がいるけど、なぜ忙しいのか分からない。どんなタスクを誰が持っているのか分からない。もっと言うと、その人の作業がどれくらい遅れているのか、早いのかわからない。だから自分に余裕があって、ちょっと手伝おうかなという気持ちになっても、行動に起こすハードルが高くなる。もともとやらなくていいタスクを奪おうってことがハードルが高いのに、さらにそんなタスクが見えなかったら探す気にならないだろう。目に見える所にあれば「奪おうかな」って思うかもしれない。反対に「助けて欲しい」と思っていても言えない人がいるかもしれない。無能な僕が悪いんだ。と閉じこもっているかもしれない。タスク状況が見えていると、困っている人が声を上げずとも、周りから声をかけられる。この辺りはRedmineで改善できそうなところだ。

B期待することを伝え、やりがいを与える。

自分に何を期待しているのか、役割としてどういうことをして欲しいのか、本当は長期的なプランでのこのプロジェクトでの期待との位置付けを教えてほしい。そうでなくともこのプロジェクトに限った短期的な期待を伝えるべきだ。なぜ自分がこのプロジェクトに参画しているのかという理由がほしい。それがあれば、それに応えるために努力しようと考える。少しくらい辛いことがあっても、目指すべきことがハッキリしているので頑張れる。やる気がないように見える、積極的に発言してほしい、ちゃんと考えているのか分からない。リーダーからするとそう見えるメンバーがいたら、自分の動機付けが不足していると考えるべきなんだ。タスクを依頼する、仕事の説明をする、という直接的な仕事の話以外にも、こうした話をする時間もしっかりとるべきだ。

リーダーの振舞いで、仕事は楽しくなる

これら3つのことが出来れば、メンバーに当事者意識をもってもらえる。このメンバーはチームと調和していないなと感じたら、これらのことが出来ているか、リーダーとしての振る舞いを見なおしたほうがいいのだろう。こうして、リーダーの振る舞いによりメンバーの意識を左右し、プロジェクトの成果に繋がるということなんだろう。今回はプロジェクトっていう小さな集団での話を前提にしていたけど、見返してみると別に小さな集団に限った話ではなく、部門や会社といった集団であれば当てはまる話なのではないだろうか。

集団での成果を挙げるためにはメンバーの士気を高める必要があり、そのためにメンバーに当事者意識をもってもらえるような取り組みをリーダーは続けていけばいいのだ。

💡今回の学び
本に書いてある文章から理解するのではなく、体験するほうがやはり実感がわくなあ。

👣明日への一歩
@ABを実践する。

なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「モチベーション」という言葉は口にしてはいけない

314f0c7f87871b81cad4b86e29293aca_s.jpg


こんばんは、komeshogunです。

今年はアウトプット多めで行こうと思い、実践中です。日々の通勤時間はネットのニュースをチェックしているのですが、その中で次の記事が目に留まりました。

南場智子のDNA 私の仕事哲学 第1回 「給料をもらって仕事をしている自覚がないのか」
株式会社ディー・エヌ・エー【DeNA】

「モチベーション上がらないぁ」なんて日々思っているので、ついつい口からこぼれ出ているかもしれません。社会人になってからモチベーションだけを頼りに仕事をしてきましたので、こんな事を言われると辛いものがあります。

一方で、プロ意識を持てよ。ということには賛同します。
想いを揃えれば凄いことが出来る。ということも賛同します。

でもさ、モチベーションって言ってもいいじゃない。

プロ野球選手でも、モチベーションが上がらずに打つ気がない選手だっているよ。
西◯とかそんな感じやん

ミュージシャンでもそんな人いるよ
ミス◯ルとかそんな感じやん

想い型と責任型がどちらがいいかわからないねって書いてあるけど、欲張りだけど両方必要なんだと思う。
なにごともバランスよく。

💡今回の学び
モチベーションて言い過ぎるのは良くない。

👣明日への一歩
ちょっと慎もう。

なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

プログラマにとっての美徳は「怠惰」「短気」「不遜」の三つだ

3aea11bd376c76b9695912dea010047b_s.jpg


こんばんは、komeshogunです。最近お仕事が少し落ち着いてきて早めに帰っています。家に帰って、少しの時間でも子供と遊べるのはいいですね、今日は300均でぬいぐるみを買ってもらったらしく、キャキャ言うて遊んでいました。


やはり少しでも早く仕事を終わらせることは自分にとっては重要です。今の会社で働いていると、お金を稼ぐには残業しないといけないのですが、やはり時間>>>>お金という考えです。そんな私に図書館で借りた本がさらなる刺激をくれたので紹介します。


プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE) -
プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE) -


p.1 「生産性」とは、一定の時間にできる仕事、もしくはあげられる成果のことです。ソフトウェア開発を進める際に必要となる作業において、どうすればより生産性を高めていけるかについて書いた本です。


技巧編、実践編に分かれており、具体的なテクニックの話もありつつ、いろんな角度から紹介されていました。


プログラマにとっての美徳を「怠惰」「短気」「不遜」の三つだとしています。


p.5 プログラマの生産性に関わる4つの原則。加速、集中、自動化、正凖化。正凖化はすなわち、DRY原則。同じことを繰り返すな。


とくにこれらの文章は非常に共感出来る部分がありました。そこからさらに、自分が「生産性」という言葉から連想する考えを整理して、書いてみようと思います。


もっと楽しようって思ったらどうだろうか?


生産性と聞いてまず思いつくのは、コツコツと真面目に成果物をつくっている姿です。この人は真面目でコツコツと頑張っているのですが、よく残業します。残業しているので、頑張っているなぁと周りから言われるのですが、私はそうは思いません。よくそんなコツコツと同じことを何時間もやれるなぁ、自分なら絶対できない。なんとかして簡単にできないか、なんとかして許してもらえる落とし所がないか、別の成果物で補えないのかを考えてしまう。でも、コツコツできる人は、そんな手抜きな発想にはならないそうです。


手抜きのように見えるかもしれないけど、機械的にやったほうがミスも少なくなるし、成果物の目的が達せられるのであれば、コツコツ作ったものでなくてもいい。なにより早く帰れるのだから、会社にとっても自分にとっても嬉しいはず。残業している人に限って、目的を考えずに成果物を作ったり、機械化や自動化を考えずに、ただひたすらと手入力で成果物を作っている。少し前にも同じことをやったのに、また同じことを同じ時間だけかけて作っている。(実はこっちのほうが給料がもらえるから、という問題はまた次回)


生産性を高めるためには、テクニックの部分もあるだろうが、この問題も意識の問題が根底のあると思っている。なんのための成果物なのか(そもそもやらないでいいなら生産性は最大になる)、こんなロボットでも出来そうな繰り返しな単純な仕事を、クリエイティブな自分がやってしまっていないか。そう考えるだけでも生産性への意識は大きく変わる。


AIが進化していくと、単純な仕事はロボットに取って代わられる。より人間にしかできることことを今のうちに訓練しておくためにも、そういったところに時間を割けるようにすべきだ。あまりにもその意識が低い人が多い。


ロボットまでとは行かずとも、優秀な人材が単純な仕事をやっていることも疑問に感じる。仕事におけるコスパが悪い。だが、そこに疑問を持っている人は少ない。それに気付いても行動を起こす人はさらに少ない。時は金なり。ビジネスにおいてお金は重要であるが、時は軽んじられる。


無駄な仕事は排除して、全員がもっとサクサクやるべき仕事をやれば、楽しくなるんだろうになぁ。


💡今回の学び

でも、それを伝え、理解してもらうには難しい。


👣明日への一歩

とにかく自分の行動を見せ続ける。



なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

SIerが業務用PCに入れておくべきオススメ無料ソフト(Windows編)

こんばんは、komeshogunです。


今回は私が業務用のパソコンをセットアップする際に入れているオススメのソフトを紹介します。オススメ度は★が多いです。知らないソフトがあれば是非お試し下さい。もっと良いのあるよってあればコソッと教えて下さい。こういうのを知っているかどうか、使いこなせるかどうかでも仕事の質、量って変わってきますよね。定時に帰るためにも使いこなせるようになりましょう。参考になりそうなサイトも併せて貼り付けておきます。メインどころは自分でググッてください。


それでは、チェケラ☆


269749035d0deefea343148495da3ca2_s.jpg


■ランチャー


@orchis ★★★

高性能すぎてフリーソフトとは思えないランチャ Orchisの紹介 - Reasonable Way of Life

http://live-reasonably.blogspot.jp/2015/05/orchis.html


これがないとダメです。私はAlt連打で起動するように設定しています。


■テキストエディター


A秀丸 ★★☆

「秀丸」の秀まるおさん、そろそろMac版はいかがでしょう? 気になることを全部聞いてみた。 | HRナビ by リクルート

http://hrnabi.com/2015/04/14/6878/


listreplace ★★☆

秀まるおのホームページ(サイトー企画)−変換リストによる連続置換  Ver3.04

http://hide.maruo.co.jp/lib/macro/listreplace304.html


サクラよりも秀丸派です。秀丸マクロも好きです。とくに上のマクロは重宝しています。SQLを物理名で書いて論理名に変換するとき、またはその逆などで大活躍しています。


■officeアドイン


Brelaxtools ★★★

【ツール】RelaxTools AddinでExcel作業を便利に-使い方などおすすめ設定の紹介 | ぱそやんうぇぶ

http://yoneyanweb.com/pc/post-53/


これ見つけた時は感動した。excelでのGrep、全シートをA1で保存、エクセル方眼紙ワンクリック作成ボタン、重複行一発削除を特に重宝しています。印鑑いいね。って言ってる人もいたなぁ。


Cofficetab ★★★

「Office Tab」が便利すぎる!複数のOfficeファイルを1つのウインドウでタブ表示してくれるぞ!

http://taichimatsumoto.com/2013/11/office-tab/


お金払ってね、と出てくるようになりますが、メッチャ便利です。1ブックの時はタブが出ないように設定しています。


Dエクセル自動保存 ★☆☆

Excelの自動バックアップ、自動保存機能でデータをバックアップ〜Excelの初級技

http://kokodane.com/tec1_23.htm


余り使うことが無いですが、いざというときのためのもの。


Eエクセルシート一覧メニューアドイン ★☆☆

エクセルのシート一覧アドインで業務効率化!右クリックだけでシート切替を快適にするプラグイン!ExcelSheetListAddinの使い方と設定方法! | 自作PCテクニカルセンター

http://jisakupc-technical.info/secret-trick/3748/


これの恩恵をうけるのは特定のブックだけですが、そのブックの時はこれがないとしんどいので助かっています。


■ファイラー


Fx-finder ★★★

【ツール】X-finderでファイル操作を効率化!個人的おすすめ設定紹介 | ぱそやんうぇぶ

http://yoneyanweb.com/pc/post-154/


これもないと不便極まりない。デスクトップがショートカットでうめつくされているのを見るとがっかりします。これがあればショートカットなんて作る必要なくなるし、エクスプローラーも立ち上げまくる必要もなくなります。


■Diff


Gwinmerge ★★★

WinMergeのレポート機能をつかう

http://netwiz.jp/misc/winmerge_rep.html


開発しているとメッチャ使いますね。エクセルの中身のdiffができるのは凄い。めっちゃ助かります。


■ファイル検索


Heverything ★★☆

第1回:標準の検索より高速にファイルを検索するなら「Everything」 - Windows 10にまず入れる超定番無料アプリ - 窓の杜

http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/win10teiban/20150810_715702.html


ファイルサーバーをネットワークドライブ張って、検索対象にしています。どこにファイルが置かれているのか分からない時にメッチャ助かります。初回はめっちゃ時間がかかるし、定期的な更新も時間がかかるので、タイミングを見図らないと辛いことになります。そこへのケアがちゃんと出来ればめっちゃ便利。


■文字列検索


Idevas ★☆☆

Devasのダウンロード : Vector ソフトを探す!

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se162621.html


grepして複数一括置換してくれます。同じ言葉を同じ言葉へ置換したい時って結構あるんですが、何じゃこの単純作業っていうのがコレで一発、一瞬で置換できます。置換対象も選べるので便利です。


■キャプチャー


Jキャプラ ★☆☆

消費リソース零!「キャプラ」のダウンロード : Vector ソフトを探す!

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se118008.html


連続保存、ホットキーの設定をしておければキャプチャが勝手に溜まっていくので便利。社内のeラーニングテストの時に重宝しています。


■小ネタ


Kimewatcher ★☆☆

IMEの状態をタスクトレイに表示する TT_IME - スクラップだ!

http://blog.goo.ne.jp/kzstock/e/d99afd1b215c48843b93ae6cc2bc8b04


言語バーがタスクバーエリアを占領したり、フロートしているのが嫌なのでこれを入れています。


Lttclock ★☆☆

TTClock タスクトレイの時計を見やすくカスタマイズ : 時偶備忘録

http://tokitamaroku.blog.fc2.com/blog-entry-4.html


時分までしかでないですが、日付曜日時分秒まで出すようにしています。XP時代はドラゴンボールをスタートボタンにして、誰かにいじられないかビクビクしながら仕事をしていました。


Mkinoko ★☆☆

きのこのダウンロード : Vector ソフトを探す!

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se354433.html


デスクトップのアイコンをめちゃくちゃ小さくしてくれます。そもそもデスクトップには何も置かない派なんですが、一時作業置き場的には使います。その時に、デフォルトだと名前が途中で切れるのが嫌でコレを使っています。コレを使うとアイコンが小さくなるだけではなく、ファイル名が全部表示されるようになります。


Nお忍びリネーム ★☆☆

お忍びリネーム Ver.2.1.0の新機能

http://www.digidigiday.com/digidigi/dgbrand/oshiname2/oshiname210/


ファイルに「◯◯_20161102.xls」とか日時を入れる時に役立ちます。この悪しき習慣は当分なくなりそうにないので、このソフトは重宝されます。設定でINSERTキーを押せば当日日付が入力されるようにしています。


以上、最初にも書きましたが、もっと便利なソフトをご存じの方はぜひ教えて下さい。出来ればフリーソフトでおねがいします。


💡今回の学び

ググると知らない使い方が沢山みつかるので、知っているソフトでも

定期的にチェックしないといけないな。


👣明日への一歩

より便利なソフト、便利な使い方を探求していこう



なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。