2016年02月24日

祝200コメ!ブログを続けてきてみて思うこと。

IMG_0625.JPG


こんばんは、komeshogunです。


今回のエントリでなんと200個目の記事になりました。
いつも読んで頂きありがとうございます。
ひとつめが2012年11月に書いているので、三年ちょいでの達成です。


「継続は力なり」という言葉は自分のモットーのひとつなので、
続けられてよかったなあと思います。
せっかくなので、ひとつめの記事を見返してみました。

2012/11/9 ブログを開始しました

ひとつめの記事の中に

「読む人に啓発や学び、疑問などの気づきを発信し合える場」として、提案や企画など活動へ発展を促す機会を与えられることを目的としたいとも考えています。


と書いています。
この考えは3年経った今でも変わらずに持っています。
そこで、今回は3年続けて思うこと、なぜ続けられたか、続けたらどうなったかを書きます。


そして、


この記事を読んで最初の頃のように共同執筆者の方にブログを書いてみようかな


と思ってもらえると嬉しいです。


@読んでくれている人に気付きを紹介したい
このブログの原点です。
何がキッカケになるか分かりませんが、少しでも誰かの気付きになれば嬉しいと思い、書いています。
そう思って書いているものの残念ながら「気付きになったよ」という声は聞いたことがありません。
自分から「気付きありました?」と聞いたこともなく、この目的はいまだに達せられていません。
これが本来の目的なので、達せられていないなら止めるべきなのかも知れません。
でも、まだ止めずに書き続けたいです。



A自分のシコウ(思考、嗜好)を整理する
誰かと話をした後、勉強会に出た後、本を読んだ後にブログを書くことが多いです。
この話を書こうと思って書くこともあれば、学んだことをもう少し考えてみようと思って書くこともあります。
自分の考えを整理するために書いているという感じですね。
読んでくれている人に向けて書いているのではなく、完全に自分のために書いています。
すると、同じような結論に帰着したり、同じような課題が出てきたりします。
反対に過去の記事を読み返すと、自分の思考の変化に気づくこともあります。
なぜこんなふうに思っていたのか、思考の違いが生まれているのか、3年という短い期間ですら感じることができます。
そこから自分の嗜好が分かり、目指す先が見えてきたりします。
うまく言えませんが、書いておいて良かったなと思える瞬間です。



B日々のアウトプットをより良くする
これがブログを続けている1番大きな理由です。
誰かに意見やアドバイスを求められたり、課題を解決しないといけない時に、パッと考えが浮かぶようになりました。
まだまだ未熟な面がありますが、前よりは確実に早さも質も量も増えていると思います。
それはブログのおかげです。
ブログを書くことで、物事を考える時間、自分の考えを整理する時間は増えました。
これは本を読んだり!ニュースを見たりするだけのインプットだけでは変わらなかったでしょう。
本を読み、考え、整理して自分の言葉でアウトプットすることにより、内容を追体験できたのでしょう。
そのためか最近本を読むと「この意見は自分も同じだな」という事が多くなりました。
本の内容をブログに書くことで、自分の意見に昇華してるのでしょう。
どんな話でも会話が出来るようになったと感じています。
そして、偉そうなことを言ってる分頑張らないといけないなとも思っています。


200個目の記事なので、振り返りを書こうか、もっと前を向いた宣言的な事を書こうか悩みました。
が、結局今回は共同執筆者の人にひとつでも記事を書いてもらいたいので、長々とブログの事を書きました。
その理由は、共同執筆者の方々からの気づきが欲しいからです。
いずれの方も尊敬する存在であり、自分とは異なる観点をお持ちの方です。
その方々からたくさんの刺激や気づきを頂きたいですが、地域も働き方も違い、なかなか交流する機会かありません。
今でも飲み会やFacebook等で交流させてもらっていますが、それでもまだ物足りません。
日々考えておられることや気づいたこと、当初の目的としていたようなことを、伝えてほしいです。
Facebookや飲み会でではなく、読み物として纏まった形で受取りたいので、ブログに書いてもらいたいです。
よろしくおねがいします。



とお願いしまくった所で、


目指せ300記事。


でも量よりも質。


「気付きがありました」という声をひとつでも貰えるように頑張ろうかな。


最初の写真は3年間で読んだ本の中で厳選してオススメしたい本たちです。
もし良ければ手にとってみて下さい。


💡今回の学び
自分のためにもブログは続けよう。
コツコツと効果は出てきている。


👣明日への一歩
共同執筆者の方へ土下座して書いてもらえるように頼む


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

ゼロから始めるプロジェクトマネジメント大全

ff1edd1e396181d7e5a7fdcc7630439b_s.jpg

こんばんは、komeshogunです。

今回はゼロから始めてみようと思って手にとった本です。改めて体系的に学ぶということは大切だと思って手にとったのですが、「プロジェクト」という言葉が自分のそれとは違い、内容がチグハグしてしまいました。本の中でプロジェクトは、私の感覚ではワーキンググループであったり分科会であったり、組織横断的な活動や風土改革やチーム改善などを取り組む集団のことをさしており、私の定義とは異なるものでした。

それでも考えるキッカケになった部分があるので、紹介します。

P.82
スコープ、クリープ (範囲の際限なき拡大)ここまでやるなら、これも一緒にやればいい。「リソース不足をなんとかするのがリーダーの仕事だろう。君は優秀だから、なんとかできるだろう」

本の中でもこの要望がデスマーチを呼び、それは頻繁に発生すると書かれていました。確かにそうかもしれません。顧客にとっては、「高いお金を払っているんだからこれくらいの事はやってよー」と思うのでしょう。自分でもそう思うような気がします。確かに商店街の小さなお店屋さんであれば、「ちょっとおまけしておくよ」というようなこともあるでしょう。きっとそういうサービスは私達の仕事にも求められることなんだと思います。そして、出来るならサービスしたいとも思っています。しかし、ここでサービスしたら次から次へと言われるのではないかという恐れもあり、なかなか素直に「いいですよ」と言えない。

信頼関係、お互いがイーブンの関係であるという共通の認識があれば、まさかにWIN WINになれるんでしょう。でも、どちらかが欲を出すと囚人のジレンマで、そう上手くも行かなくなる。そして、後者の方がありがちだから、「止めとけ」となるんでしょうね。なんか勿体ないね。

P.223
WBS作成においての魔法の六つの語尾。の作成、の立案、の設計、の明確化、の決定、の実行。三つの禁句。など、その他、の検討。

WBSを書く上で気をつけた方が良いことって話です。確かにWBSってタスクの終了が明確になっている方が良いと思うね。DONEの定義ってやつですね。あと自分が意識しているのは、誰がいつまでにやらないといけないタスクなのか。
WHOとWHENが誰が見ても特定できること。さらに進捗率は%ではなく、Hourのほうがいい。これも誰が見ても特定できるから。%だと人によって、タスクによって残量が変わってくるか好きな表現方法ではない。WBSって一回作ったらあまり変えないことが多いかもしれないけど、かなり変えまくる。タスクを細分化したり、担当の人を入れ替えたりする。もちろん、担当の人と合意して納得してもらわないと、勝手に変えることはない。だから、最初は結構キッチキチの予定でつくる。最初っからバッファを見て、計画をつくるのは良くないと思っていて、むしろ頑張ったらデキルかなってくらいの予定で作る。最初っからバッファがあると甘えちゃう。頑張って出来なかったら期限を変えればいいだけ。本当のリミットは自分が把握しておけばいい。あんまりやりすぎると「本当の期限はいつですか」って聞かれたりする(笑)

WBSもチームでこれだけのタスクを消化していかないといけないんだってのを共有するためのものでもあり、個人の名前が入っていても、割あたっているソレだけをやればいい訳ではないんですよっていう事を最初に徹底する必要がある。そうじゃないと、既に終わっていても期限がくるのを黙って待っていたりすることになる。隠れアイドリングです。それは勿体無いので、タスクをドンドン奪ってもらえるような関係づくりが必要です。そのためにもがんばってくれたひとには、しっかりと感謝を伝えないといけないです。

ゼロから始めるプロジェクトマネジメント大全という本で、ちょっと想像していたのとは違う内容でしたが、改めて考えるきっかけになりました。今回取り上げたトピックについて、他の人の意見も聞いてみたいものです。


💡今回の学び
常にゼロから学ぶ姿勢を忘れない

👣明日への一歩
周りの人に意見を聞いてみよう。



なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

続)東の偉い人がしてくれた話で思ったことを徒然なるままに

0407317E-9455-4421-9354-8BD58AE3ED23.jpg


こんばんは、komeshogunです。


1日だけあったかい日があったのに、全然まだ寒いじゃないかって感じですね。はやくあったかくなってほしいです。ガクガクしながら電車待ってました。

Twitter眺めてて、過去記事が流れてきたので見直してたら、「この時何でこんなこと考えてたんかな」と思ったので、今の考えを吐き出しておきます。

元ネタはコレ( ˙▿˙ )σ

東の偉い人がしてくれた話で思ったことを徒然なるままに


共通認識を持つためには経験しかないのか?とか言うてますが、意味不明ですね。共通ってことは、相手があっての話なのに、なぜか1人で持つものみたいな発想になってます。

まさに新しい集団の中に入って、しばらくお仕事をしていますが、同じ会社?(しかも同じ部門)と疑うほど仕事のやり方が違います。大きく見ると同じ何だろうが、日々の作業レベルでは全然違う。



古き良き開発現場って感じです。



リーダーは責任感に溢れ、ドンドン仕事をしてます。残業も苦にせずお客さんとも上手くやっておられます。タスク管理や課題管理は、Excelで徹底して行われます。下の人間にはお構いなく、とにかくプロジェクトは推進されます。結果、品質の良い成果物(システム)が出来上がり、収益も良く、互いの会社が満足するプロジェクトになりそうです。


端々に皮肉った感じが溢れ出ているかもしれませんが、まさにこんな感じで、久しぶりにこんなビジネスを感じ勉強になったプロジェクトです。

最初はプロジェクトのやり方(朝会のやり方、進捗報告の仕方、言葉の定義、成果物の位置づけ等)が違ったので、戸惑いました。でも、うまく合わせることが出来たのでここまでやってこれた気がします。


うまく合わせることがてぎたのは、経験ではなく、とにかくコミュニケーションです。ベタな話ですが、自分の意見をドンドン言うようにしました。最初は遠慮していましたが、リーダーがポツリと「今までにない意見が多いから面白いよ」と言ってくれたのが効いています。こうやったらどうですか?と言うのではなく、こんなやり方をやった事がありますよ。って事例提示をしました。これが絶対良いんだ!ってことでなければ、それでやってみようか?って気になってもらえたり、そんなやり方もあるんだなと興味をもってもらえたり。

上手くやりたいって思いは同じ。

自分もなにか役立ちたいという思いも必要かもしれない。話がそれましたが、共通認識を持つにはズレていることを発信して剃り合わせていくしかない。時間がかかるかもしれないが、いちばん近道だろう。メールじゃなくて、会話したほうがいいとも思う。



そろそろ駅につきそうなので、おしまい。



今回の学び
過去の振り返りは気づきが大きい


明日への一歩
遠慮しながらガツガツと


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

人との出会い運を掴んでいこう

fcdc3c5ed7d80ae8b637f20c6da766bd_s.jpg



こんばんは、komeshogunです。

最近は更新頻度が上がっています。

それだけお仕事が安定しているということです。

最近目にしたTweetに「SIerはどこもブラックだと思うなよ」ってのがありましたが、まさにその通りですよ。

12月は死ぬほど働きましたが、それ以外は全然残業もないですよ。



19時位には「お先に失礼します」しています。


そんな状況なので、帰りながら、帰ってから本をパラパラ読んでいます。

軽めに読んだ本を紹介します。



P.6
人には「そこを押されるとやる気になる」スイッチが三つあり、それを意識して対応すれば覚えてもらえる確率が高まる。感謝スイッチ、お得感スイッチ、特別感スイッチ。



こういうのを意識しながら言動することが不得意だなぁ。

嫌われたら嫌われただし、って思って素のまま対応してしまう。


もっと考えて行動しないといけないんだろうけどね。


ありがとうっていう感謝の言葉は意識して言うようにしているなぁ。

子供が真似して欲しいって思うようになって、より意識するようにもなったかな。

そういう意味では感謝スイッチはクリアできているかな。

他のふたつは、意識していない。


なんくるないさー。




P.87
会社の中で人脈を広げたいなら、色々な部署が参加するような横断的なプロジェクトに参加するのもありです。コツは「今、自分には何が出来るだろうか」と考えて行動すること。たとえ、いい結果にならなかったとしても、苦労をともにした仲間は、あなたの働きをちゃんと見ています。



これはちょっとビビッときたね。
最近サボっていたのですが、やっぱりこういう事をやっていかないと「お仕事、おもんね」にすぐなるね。

「仕事は楽しいよね」

にするためには、積極的にこういうことをやっていかないといけないなぁ。

4月から組織が変わりそうなので、どんな施策が実行されるのかわからないけど、ちゃんとアンテナ張って、グイグイしていこう。


じゃないと、言われたことやってるだけじゃおもんねぇーわ。




P.91
ピンチはチャンスと言いますが、失敗したときの対応によっては、以前にもまして相手の信頼を勝ち取ることができる。
P.93
失敗したとき、自分のスタンスが「内向き」か「外向き」かで、対応は180度変わります。


めっちゃ共感します。

お客さん相手にミスした時、上司相手にミスした時、どんな相手に対してでも通用する考え方で、これができると仕事がうまく回り出す。

誰でも失敗するけど、それを上手く対処できている人って少ない気がするなぁ。


素直にごめんなさいって言える人って意外と少ないよね。


後輩とか見ていると思うけど、取り繕って色々御託を並べてみるけど、結局なにがいいたいの?

俺は悪くないんだって言いたいの?



そんな事は置いといて、まずゴメンなさいって言おうよ。



って思うね。


人のふり見て我が振り直せ。

グダグダいうのは謝ってから、それだけでも全然印象は変わる。

どうしよ怒られるって内向きに考えるのではなく、どうやって解決しようかって外向きに考えよう。





P.177
コミュニティを主宰することこそが、人見知りにとって最高の人脈づくりだからです



最後に書いてあった。
まさに。


阪奈スマッシュやらMeetUpやら立ち上げてみたけど、育児中心生活になって、放置プレーしてしまった。


育児のせいにしているみたいですが、それがなくても、なかなか継続は難しかっただろうな。

でも、途切れているわけではなく、なんとか針の穴ほどの細い糸でつながっている感覚はあるので、これをもう一度太くしたいなと改めて思った。



人脈って言葉はなんとなく腹黒さ、利用してやるぜって空気を感じてしまうので、あまり好きな言葉じゃない。


でも、人との繋がりは仕事するにも、遊ぶにも、お金よりもなくてはならないものだと思う。

意識して掴んでいかないといけないなぁ。




人との出会い運を掴んでいこう





💡今回の学び
自分から動かないと、運はつかめない

👣明日への一歩
チャンスを見逃さないように準備しておく


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

続)後輩を指導していて響いているか不安になりませんか?

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s.jpg

こんばんは、komeshogunです。

過去のエントリをTwitterで呟くように設定していて
ときどき自分が書いたものを振り返って、過去の自分と今の自分を比べています。
もし良ければフォロー下さい。

MeetUp大阪(@meetuposaka) https://twitter.com/meetuposaka

今回は、そんな過去の記事を読んで気付いたきづきを紹介します。

後輩を指導していて響いているか不安になりませんか?: Meet Up 大阪 @ blog

ちょうど1年前に書いたものですが、基本的な考え方は変わっていないなと思いました。
ただ、「後輩のリアクション」は気にならなくなった。
どう思われてもいい、疎ましく思われたとしても、伝えるべきだと思ったのなら自分の考えや意見を相手に伝えようと思えるようになった。

なぜそういう風に思えるようになったのかは分からない。嫌われる勇気を読んだからかな?もうそういう世代だし、しょうがないと割り切れるようになったからかな。根気よく伝えていたら伝わるということが分かったからかな。言われないほうがその人にとって不幸だと考えるようになったからかな。

その分自分がしっかりしないといけないという想いも強くなっている。自分のことは棚において、正しいと思うことは伝えるべきだと思っている。でも、そうも言ってられないくらいになってきたと感じている。


とにかく相手のためになると思うなら嫌われ役もできるようになってきているんじゃないかな。次またこれを読んだら変わっているかもだけど今はそう思う。

💡今回の学び
過去の自分からの学びは大きい

👣明日への一歩
嫌われてもいいから言動する


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。