2017年06月10日

[参加報告]まいど!Agile Japan 2017 大阪サテライト

oharai_kannushi.png

こんばんは、komeshogunです。

本日ひさしぶりにデカイ勉強会に参加してきたので、参加報告します。
長くなりそうなんで、前置きなしでいきます。



エムオーテックスさんの会場にはじめていきました。
迷うかなと思いましたが、西中島南口から新大阪方面にまっすぐ歩いてつきました。
入口だけ、「え?ここ?」と一瞬思ったくらいで、方向音痴でも行けました。
映画館みたいで超素敵。200人くらい入るの、すごいですね。
こんな会場がうちにもあればなあ、移転失敗です。

司会はこの方でした。


初めてお目にかかりました。
たぶんそうだろうなと思っていましたが、自己紹介がなかった。
「あれ、違うのかな」と思って、初め気になり、まぁいいやと途中気にしなくなった。
でも、最後に「やっぱり!」となりました(笑)
とても素敵な司会でした。

基調講演:モダンアジャイル Joshua Kerievsky 氏


4月に東京で行われた回の大阪サテライトなので、ビデオをみんなで見る形式。
リンク先に発表資料がおいてあるようです。
中で紹介されていたのと、@hiranabeさんがTweetされていたのを載せておきます。



内容はモダンアジャイルの4つの原則について

- 人々を最高に輝かせる
- 安全を必須条件にする
- 高速に実験&学習する
- 継続的に価値を届ける

このお話はとても学ぶものが多かったので、また後日書こうと思います。
Anzeneering、自転車の補助輪、新幹線、ローカルコメディアン、OutComes>Output。
このあたりのワードだけ残しておきます。
・ハイパフォーマンスの前提に、ANZENがあること。
・受け身ではなく積極的に、変化に対応しよう、実験を繰り返そう。
・ユーザをすげーやつにしよう

次はビデオではなく、リアルな目の前での発表。
とくに新井さんのお話は前から聞きたかったので、とても面白かった。
スライド見てたので、こんな風に話してはるんや、と妄想が現実化しました。

会社の文化をアジャイルに変えたい?キミにもできるよ!


・勉強会がおわっったら全員でハイタッチ
・社内標準ルールをつくらず、プロジェクト独自を尊重しよう
・BeAgileになるために、DoAgileからはじめよう
・文化、風土の熟成を大事にしよう。見えない文化に真実がある。もっと考えよう。
キーワードを並べるとこんな理解です。
カンバン、ハイタッチ、宮本塾の話など、エッセンスを取り込みたいなと思うものが沢山ありました。
とても沢山の本が出てきて、本好きな自分としては嬉しかったです。


とくに読みたてホヤホヤのこの本が出て来たときはびっくりしました。

こないだブログに書いたばかりでした。

私も、喜びとか楽しさを報酬として捉えるタイプなので、とても共感できるお話でした。

DevOpsにも取り組み始めたアジャイルウェアの挑戦

こちらのCEOの方のお話。

入るときにチラシを貰っていたこともあり、とても興味深く聞けました。
最近またRedmineを活用していることもありました。
たしかにガントチャートは使えないと判断して使っていないので、この製品は面白そうです。
信認任、Slack、Selenium。
自分が気になって試しているものだったので、もう少し具体的に聞きたかったですね。

シャープにおけるアジャイル(スクラム)型開発手法の適用について

めちゃくちゃでした。
マチガエタ。
めちゃくちゃ面白かったです。
大きな企業なので、そのジレンマとどのように戦っておられるのかを垣間見れたお話でした。
本気なのか、ボケなのかわかりませんが、私には本音も話されているように思いました。
とてもかっこよかったです。
やってから謝ったらええやん。儲けて黙らせたらええやん。
そう受け取りました。

関西電力におけるアジャイル(スクラム)型開発手法の適用について

「この振れ幅、なんじゃい」とTweetしようと思いましたが、躊躇いました。
自分の環境に近しい感じがして、かなり聞き入ってました。
たぶん、うちの会社の人が話したらこんな発表になりそうです。
発注側のお話だったので、スクラムマスター側、開発現場側の話が聞きたくなりましたね。
結構負担が多かったんじゃないかなと思いました。
また発表の中でも仰っていましたが、開発工数が減ったのはレビュー分じゃない?と思ってしまった。
おっきいところって本当に「なんのため?」な資料や審査、レビューがたくさんある。
アジャイルをすることで、これらが既存のワークフローに乗らずに、実施されなかったのでは。
うがった見方ですいません。
でもPOプロキシーとして発表されていた方にとても共感しました。
パネルでの発言はどれも的確な回答で、ほんとうに成功はこの人の成果だなと感じました。

「楽しさ」に導かれたアジャイル開発



むかしむかし子どもがまだ生まれる前に、自分が元気だったころにお会いしたことがありました。
今回、発表されるということで、とても楽しみにしていました。
初めて発表されているのをみましたが、めっちゃエモやん。
朝会は健康診断はめっちゃ共感します。
毎朝「おはようございます」から始めるけど、「返事ちっちゃ」と思う時は「やばっ」と感じますね。
ふりかえりだけではなく、やっぱりリーダーが目線を降ろすって大事ですね。
カイゼンするために細かな気配りを沢山しているところも、生々しくて素敵でした。
自分もかなり意識している部分なので、後押し貰った感覚になりました。
”つながり”の話もとても素敵でした。社内に還元しているのも素晴らしいですね。
”あり方”の話は言わずもがなですね。
言葉の使い方、捉え方って大事ですね。
仕事を楽しくしたい、大阪を盛り上げたい。
この思いが強くなりました。

だいぶ長くなったので、一旦ここでキリます。
続きはまた明日。


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。