2013年08月01日

8月テーマ 夢の話

こんにちは、めぐりんです。

8月のテーマが決まったので、早速書いてみようと思います。

夢の移り変わりと今の仕事を選んだ理由

キャリアカウンセリングみたいなテーマですね。
話を聞く側は専門ですが自分が話をするとなるとどうでしょう…

なるべくコンパクトになるように書きますね。


と言いながら…
ご期待に沿わない感じからスタートになりますが、
子どもの頃から夢を持ったことのない子でした。

幼稚園のころ、おもちゃで遊びたいので、
おもちゃ屋さんいいなーと思ったことがあるくらいで。

誰かに憧れたことがないんですね。
自意識過剰な子どもだったのか、唯我独尊的な感じもあったような…。
その片鱗は今も、ありますでしょうか?



学校の先生以外に接するオトナが少なかったからなのか
抜群にスポーツができたわけではなかったからなのか
現実志向な子どもだったのか。

はたまた、将来に希望を持てない子どもだったのか…


夢は無かったのです。

目の前のことが楽しかったから
目標とか夢とかを考えることがなかったってのはありますね。



今の仕事は人事採用担当とかキャリアカウンセラーとかです。

人に興味がある人なわけですね。
人のモチベーションを上げるヒトコトに、
この上ない喜びと価値を感じます。


小さなときから
何でこの人はこんなこと言うんだろ…
とか
何でそんなイヤな言い方するんだろ
とか、
人の言動についての疑問を持つ子でした。


そんな僕が大学で工学部に入っても、図書館で借りる本は心理学系というのは
なんとなく納得できます。

工学部にしたのは
数学がニガテではなかったこと、
小6でやったフナの解剖が怖かったことで、医歯薬系全部ムリと思ったこと、
理学部マニアック、農学部イモくさいという偏見があったこと
に起因します。

物理は高校の定期試験で0点を取ったことがあるほどニガテでしたが、工学部にしました。
バカですね。


工学部から大学院に行ったので、
技術職に就きましたが、すぐに飽きてやはり人と接する仕事である、キャリアカウンセラーとなりました。

最初の会社で新人育成や就活生支援をしたことが、とても楽しかったからですね。

一生、人の人生と深く向き合う仕事をしようと決めました。



まぁそんなことをたくさん書いている個人ブログがあります。


勉強が僕の人生に与えた影響が超長文ではありますが、
この記事です。



小さいころから誰に言われるでもなく、考えてたこと、やってたことなんてのを
仕事にすると楽しめたりする。

僕の人生はそんな感じですねー。

夢とか目標を叶えることより
今を楽しむことのほうが重要と認識しております。



今回の学び
普段からブログを書いてると考えを表現しやすい

明日への一歩
思いついたらブログを書く習慣を続ける

なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by めぐりん at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

7月のテーマと好きな本3つ

こんにちは。めぐりんです。
7月のテーマを決めてくださいねというお話だったので、
考えたいと思います。

その前に6月のテーマである、
今まで読んだ本の中で好きなもの3つというのを
考えてみようかなと思ったのです。

ですが、本を好き嫌いであまり捉えてないのと、
自分の記憶にある内容のどれがどの本に載ってたのかというのがあまり覚えられない
というのがあり、
パッと浮かばないのです。

転職活動中の人ならこれ、
就活生ならこれ、
みたいなオススメ本を挙げることはできても
その読み手が自分ではないのだから、その本を好きとは言えないよねとか思ってしまうのです。



でも何か挙げるとしたら
誰にでも勧める本で、
自分でも何回か読んでいる本として、

ちきりんさんの
自分の頭で考えよう
が挙げられます。

これは本を読んだりネットで情報収集したり、
有名な方の講演に行ったり、
ビジネススクールで新たなノウハウを得たりするのはイイけど、
それはただ、知識を入れただけで
あなたが何かを考えるという力は身についたと言えるの?

そういうことと、考えるということは別のことなのよ。

というのを僕に突きつけてくれた本です。
これを読んだから、今の僕の思考性が生まれていると言っても過言ではないのです。
まぁつまり、おまえ、けっこうバカだぜ…と言われたような気持ちになれたということです。


あとは若い子にゼッタイ勧めるのが、
ライフネット生命社長の岩瀬大輔さんの入社一年目の教科書です。

コピー取るってことはな…
みたいな説教くさいことを彼のとてもスマートな言葉で表現してくれてます。

僕が入社一年目に読みたかった本です。
僕が入社一年目に読んだ本はカルロスゴーンのルネッサンスとかですもん。
まだ早いよねー。言うよねーという感じ。

それを読んでなんかわかったふうになってる偉そうな一年目でした。
あいつはダメだわと今の僕なら思います。



あ、もう一冊思いついた。
ふっしーさんこと藤野英人さん。
日本が誇る一流のファンドマネージャーです。
投資家さんですね。

この人の
投資家がお金よりも大切にしていること
です。
かいつまんで内容をいうと、
社会が良くなっていくことにお金を使いましょうという話。
投資とはお金だけでなく、あなた自身も投資の材料になるのよと。
あなたが世の中が良くなるために働いてるなら、
それも立派な投資ですって話。

ホント、心が洗われます。

あまりに良かったのでTwitterでふっしーさんにその旨を伝えたら返信をくれました。
僕のプロフィールを見て、
キャリアカウンセラーだからより良くと感じられたのでしょうねと。
キャリアカウンセラーこそ、
大投資家じゃないですか。

こんなメッセージをくれました。

好き度で言えばこの本が、今は一番と言えるのかもしれません。

そんな感じです。




あ、7月のテーマですね。
もっとゆるくしていいです?

わたしの住みたい街というのはどうでしょう。

今住んでる街を挙げても良いし、
これから引っ越す予定の街を言っても良いし。

今、わたしは神戸に向かっています。
大好きな街なのでふらふら散歩しようと思って。
ちょっと良さげなホテルを取って小旅行気分です。

北海道出身の私が関西の会社に入ったのは、
住みたい街がいくつかあったからです。
転勤しても楽しめるように。

1.神戸
2.京都
3.福岡

でした。
大阪本社の会社だったので、どうせ大阪だろうと思ってましたが、
ビンゴで福岡に。

人生観を変えられるくらいの
エポックメイキングなことでした。

サラリーマンが出張で行きたい街の一位、二位が、
札幌と福岡なのですが、
大学時代を札幌で過ごした僕は
いきなり二位まで制覇です。

今でも福岡には、行くとは言いません。
帰ると言います。
こころのふるさと、福岡。



ちなみに今の僕の住みたい街は
1.札幌
2.神戸
3.福岡

ですかね。

あ、来月のテーマはミーティアさん。
お願いしますー。


今日の学び
考え始めるといろいろ出てくる

明日への一歩
何も考えがまとまってなくても、いつ書くの?今でしょ!

なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by めぐりん at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

【決定!】三月のブログテーマ!

こんにちは。めぐりんです〜

二月のブログテーマ、時間管理についてでしたね。
何も書いてなかったので、ちらっと触れておこうと思います。

私の家にはテレビがありません。
当然、ビデオもありません。
パソコン、iPhone、Kindleはあります。

テレビ番組に、来週も見てくれよな!とか言われると
なんで、来週のこの時間もテレビの前に居なきゃならんのさ
と反発したくなります…笑

ネットに載っけといてくれたら
勝手に好きなときに見るからさ、
と思います。

受け身というか、指示されるような感じがキライなんですね。

ネットは全部能動的に行けますので、好きな世界です。

自分の時間があるときに、
好きな時間だけ見るという感じです。

ドラマとか、もう何年も見てません。あの超高視聴率だった、家政婦のミタもよくわかりませんでした。
YouTubeでその生い立ちの可哀想さだけ見ました。


能動的に過ごすというのが、
僕の時間管理術かもしれません。


前職で就活支援の仕事を未経験で始めたのですが、僕が就活をしたときは、7社しか、受けてないので
就活ってどんなものかわかってませんでした。

そのときの僕を助けてくれたのは、就活本です。
50冊くらい読み込みました。

その年から毎年年間、80冊から100冊くらいの読書量をキープしてきました。

その時間を確保するために
毎朝、出社時に退社時間を決めるようにしたり、
その日にやるべきタスクをメモ帳に書いて、メモスタンドに立てておいたりしてました。

完全に乱読でしたけど、
今の僕を支えてくれている知識の多くが得られたのかなと思っています。



あと、土日のうち、
一日は誰にも会わずにボーッとするとか、意図的な空白の時間を作るとかして、
次の週の英気を養うといったこともしてましたね。

時間は量より質です。
いかに集中した時間を意図的に作るか。

朝型なので勉強するなら朝とか、
家だと集中できなければカフェに行くとか、
自分の集中できる環境を演出するということを心がけていますね。


この内容は、小宮一慶さんの
時間術の本にスターの時間として紹介されています。

僕はこの本で人生が変わったと思ってます。




ということで、時間管理のお話でした。

三月のテーマですが、
四月にある、成功体験共有のセミナーに先駆けて、

自分の成功体験を書きましょう!

誰に対しても誇れるようなすごいことである必要は全くありません!

自分の仕事やプライベートも含めて、戦略を立てて行って、成果の出たこととか、
会社から表彰されたとか、
同僚から褒められた、感謝されたとか、

小さな成功体験を共有しましょう。

自信をつけるためには、成功体験!
って言いますけど、アレは半分ウソだと思っています。

これは自分にとって成功体験であると、自己承認をすることなしには、成功体験になり得ません。

どんな小さなことでも成功体験と解釈してしまいましょう!

誰もそれを否定なんてできませんし、してはいけません。


ということで、三月は成功体験についてブログを書きましょう!



今日の学び
たまにこちらのブログを書くと少し気持ちいい

このブログはiPhoneからの操作か
スムーズにいかないことがある

明日への一歩
家でYouTube見る時間も減らそう。


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by めぐりん at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

【中間報告】キャリアを考えるセミナー企画

2月9日(土)にキャリアに関するセミナーをさせてもらいます、
めぐりんです。

現在、セミナー企画鋭意進行中ですが、
中間報告させてもらいます。

キャリアを考えるというと、いかがでしょうか・・・
重くないですか?

考えたくない何かを突き付けられそうな気がしたり、
将来のネガティブな情報を知ることになったり、
転職なんて考えてないのにそんな情報を与えられたり・・・

あまりよろしくないイメージを与えがちな言葉かもしれませんね、
「キャリア」というと。




◆今回のセミナーのコンセプトは
「これからを知り、今までの自分を知り、今を楽な気持ちで生きること」
です。

◆ターゲットは
20代〜30代前半の方がメインですが、
キャリアアップに熱心な方であればだれでも楽しめるかなと思います。



皆さんは今、仕事が楽しいですか?
学生の方はこれからのビジネスライフを楽しめそうな予感ですか?


YESの方はとても素晴らしいですね。
では10年後も同様に楽しめていそうですか?
20年後は?
こんな質問が来るから「キャリア」って重いんでしょうね笑


「キャリア」って仕事のこともプライベートのことも考える必要があります。


20年後、50歳になっているのであれば
両親の介護の必要性があるかもしれません。

そのためにお金はどれくらい必要か、時間はどれくらい取られるのか、
どこに住んでいなくてはならないのか、

プライベートが仕事に影響を与える要素がたくさんあるわけです。


他にも、どんな自分になりたいのか、そのためにどんなスキルを磨くのか。
そもそも、今の仕事は本当に楽しいか・・・

人生を満足のいくものにデザインしていくことが
「キャリア」を考えるということですね。




当日はそこまで細かい話はできませんが
希望者には、後日、個別のキャリアカウンセリングをさせてもらおうと
思っていますので、気軽にお声掛けくださいね。



具体的な内容としては

大手人材系企業にいらっしゃるnaoさんが
今の労働市場の動向や複数の業界の状況なんかを語ってくれます。

転職を希望していなくても、市場で求められる能力がわかれば、
今後のスキルアップの指針になると思います。

社会・経済・産業・労働市場っていう外部環境の話をしてもらうわけです。




キャリアカウンセラーをしていた私がそのあとを引き継いで
カンタンなワークをしてもらおうと思います。

キャリアアンカーという、自分のキャリアの軸について考えてもらうようなワークを
考えています。

マサチューセッツ工科大学のエドガーシャインさんという
世界的な組織論、キャリア論の権威の理論ですね、キャリアアンカー。

日本のその業界の権威、神戸大の金井先生の師匠にあたる方です。





ということで、ざっくりではありますが
気軽な感じでキャリアのことを知ることができるセミナーの概要です。

参加をお待ちしています!

良い出逢いがたくさんある日になりそうですね。




◆今日の学び
・中間報告をしておいた方がきっと参加を検討してくれている人は
安心。
・何をするかよりもどんな意図があるのか、ターゲットが誰なのか、
などを伝えた方がイメージがしやすい。

◆明日への一歩
・早いとこ、セミナー内容を完成させる。



なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by めぐりん at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

遅くなりましたが2012年振り返りです

めぐりんです。

完全に寝正月で充実したお笑い番組と、今さらながら美味しんぼにハマるという状況で
のんびりしていました。

そんな12月31日から1月3日までの短い休暇も終わりを目前に控え
ちょっとスイッチを入れ始めています。

その4日間でおこなったのは

◆2012年にamazonで買った本一覧をエクセルで整理

◆各月に起こったことと、印象深かったこと、学んだことの書き出し

◆これからやりたい仕事の整理

◆年間の飲み代・食費の洗い出し

◆年間のカード代とその内訳の洗い出し

◆各口座にある貯蓄額の洗い出し





半分はお金のことです。

もっとしっかりしないとなと思うほど、かなりの額が飲み代に消えていっています・・・

酒が飲めなかったら貯蓄額は今頃えらいことに。





2012年の振り返りです。

1番、印象深いのは仕事面。

新卒・中途採用と内定者研修設計、講師ってのがメインの仕事です。

それに加えて大学生の就活の講師をしています。
自己分析の仕方とか自己PRの添削とかする人です。

今の会社に入って2年が過ぎ、だいぶ勝手もわかってきて、
小さな会社なので、社長が目の前に居て、その方針に対して、自分なりの意見があり
いろんな衝突もしながら、様々なことを考えました。

詳細はまた別途書くとして、
組織論とかリーダーシップ論、マネジメント論についてだいぶ詳しくなった1年でした。

ドラッカーの勉強会を起ち上げておきながら、
一部、反ドラッカーの意見を持ったこちらの書籍が本当にオススメです。

ストレングスファインダーでお馴染みのマーカスバッキンガムさんの
「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」

リーダーは普遍的な内容でみんなをひとつの方向に進ませる人、
マネジャーは個人個人の特徴を捉え各人のパフォーマンスを高めるためにどうすべきか考える人。

求められる要素は全く逆なんですという記述に非常に納得しました。

次回ドラッカー勉強会でも多少触れたいと思います。








2番目に印象深いのは年間通じて今まで住んだ街全部を回る中で気付いたこと。

全部で、鹿児島・熊本・福岡・岐阜・名古屋・北海道(札幌・地元の北見)。
あと、奈良と大阪、京都、滋賀と行っているので、10道府県回ったってのは僕の人生では一番かも。

そこで学んだのは、単純なことで
どこに行くか、どこに居るかよりも、何倍も、誰と行くか、誰と居るかが
とても重要だということです。

社会人1、2年目に大変世話になった先輩にいろいろ連れて行ってもらった鹿児島が
とても楽しく、
最高の街だと思っていた福岡をお酒の飲めない友人と過ごしてもあまり楽しめず・・・

ということがあり、自分の価値観に合う人と共有するということが
人生を楽しむ上で、とても重要なんだということを体感できました。

言葉にすると本当にカンタンなことですが、体感できたのが大きいです。







3番目は身内の不幸ごとがあり、帰省した際に
何年振りかにあった、親戚たちとの交流です。

良いこととして括ってはいけないとは思いますが、とても良い経験ではありました。
自分よりも30歳くらい年上のおっちゃんから、お説教を受けることなど
日常生活ではほとんどありえません。

彼らの「智」に触れる機会が得られるという意味でもお葬式は重要なんだなと
思いました。

人が生まれても、親戚一同が介することなんてないのに
人が亡くなると、それが起こるというのがなんか不思議です。

80年の人生をかけて培った人脈が
最後のお別れをする場なのだから、重みがありますね。

親戚から受け取ったメッセージは掻い摘んで言うと
「しんどいときこそ、楽しんでやれ」ということです。

言葉は無力ですね。
この文章だけで、僕の学んだことは表しきれません・・・。







順番付けをしたくなかったので
最後に。

2012年も多くの人との出会いがありました。
グロービスしかり、仕事関連でも社内しかり、社外しかり、
あとは僕の特権ですが、採用や就活の塾で若い子とコンスタントに出会えます。

初めて読書会や勉強会の起ち上げというのをおこないました。
まだパンとしてない感があるので、気を抜かず形にしていきたいと思います。

これは勉強会というツールを使った、人脈構築だと思っています。

全く出会ったことがなかった人や、出会っているけど深くは知らなかった人と
人生やビジネスについて議論ができるというのは
カンタンなことではありません。

何回か異業種交流会や合コンなんて行きましたが
そんな深いコミュニケーションは、まぁできませんわね・・・

これからもそんな深いコミュニケーションができる会を運営していきたいと思いますので
ご協力お願いします。







2013年は読書の仕方を変えます。
200冊程度の本を処分することになり、正直、もったいねーなと思いました。

ムダ買いが多かったんだなと。
2013年に限らず、多読⇒熟読へシフトします。

1か月に5冊以上の本は読みません。
1冊を3回読みます。

人事・キャリア・組織・リーダーシップ・マネジメント・著名なビジネスマンの書籍
これらに属しない本は読みません(きっと例外は出てくるけど)

月間テーマを決めてそれに関する本しか読みません。



多読でいろんな知識を得るのも良いのだけど
クリシンでも学んだ、考えを深めていくこと、考える体力ってのは
熟読じゃないと身につかないと思いました。


1月はリーダーシップとマネジメントについて。
上述のマーカスバッキンガムさんの書籍と
ドラッカーのマネジメント、プロフェッショナルの条件をメインに読みます。



ということで今年のテーマは
知識を知恵に昇華させることです。

使える知識を知恵と定義しています。

今までは雑学的な知識でしかなかったものが多くありますので、
自分の社会的価値を向上させるためにも、使える知識、知恵を身につけていこうと思います。

組織開発、キャリア支援がもっとできるように。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今回の学び

振り返りをするだけでなく、文章化するとさらに頭に残る

明日への一歩

振り返りを活かし、飲み会の回数を減らす。
月5回まで。むやみにおごらない。

読書は戦略的に行う。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by めぐりん at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐりん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。