2017年07月28日

京都大作戦との軌跡 〜みんないいヤツと信じな祭〜

こんばんは、komeshogunです。

7月は好きですか。私は大好きです。
7月には自分の誕生日、子どもの誕生日、そして、京都大作戦があります。


大作戦との出会いは、10年前、2008年でした。

2006年入社なので、社会人3年目でした。同期の女の子2人に、「10-FEETのフェス行かへん?」と誘ってもらいました。これが初めての京都大作成です。2人には、とても仲良くしてもらいました。2008年は、当日が誕生日で、「オーダーメイドのスニーカー」をプレゼントして貰った。めっちゃ嬉しかったです。毎年、京都大作戦にはコレを履いていくようにしています。

10-FEETと出会ったのは、大学生の頃でした。

その前の高校のころから少しずつ10-FEETに近づいていました。京都ぎりぎりの奈良の高校に入学して、近鉄電車での通学が始まりました。いまのスマフォくらいあるウォークマンを買ってもらって、電車ではずっと聴いてました。中学時代はGLAY派だった。でも、高校生になって、Hi-Standardを教えてもらった。さらに文化祭で、Kemuriをコピーしている先輩バンドで、モッシュ&ダイブを初めて目にしました。

大学生になって、さらに近鉄電車に乗る距離は遠くまで延び、終点京都まで乗っていました。それでようやく10-FEETにたどり着くわけです。Springmanのころです。そのころはまだone of themでした。ガガガSP、DragonAsh、モンゴル800、RIZE、山嵐、SNAILRAMP。当時、サークルの後輩の女の子に「10-FEETのライブにB-FLAT行きませんか」と言われたけど、「ええわー」って断ったことを今ではめっちゃ後悔しています。


2008年の初参戦は本当に楽しかった。

カンカン照りの夏フェス。田舎者なので、ほとんどLIVEに行ったこともなく、ウォークマンで聴いていた曲が演奏されて聴けることに、めっちゃ感動した。ELLEGARDENとかマキシマムザホルモン、ROTTENGRAFFTYは、当時はまだ全然知らなかった。でも、周りの人たちは大盛り上がり。こんな面白いバンド、まだまだあるんだなあ。もっと聴きたいな。そんな気持ちになり、ここから10年ハマり続けることになった。京都大作戦で聴いて、ほかのLIVEやフェスに行くようになったし、CDも買うようになったアーティストはたくさんいます。今まで挙げたアーティスト以外にも、東京スカパラダイスオーケストラ、ACIDMANとかね。ずっと行ってると、MAN WITH A MISSION、WANIMA、HEY-SMITH、SiM、04 Limited Sazabysみたいに小さい牛若のステージから大きい源氏のステージに年を経て立つアーティストへの思い入れも強くなります。


daiji_2010.JPG

2010.10.10に結婚しました。10:10から披露宴を始めるというこだわりです。京都大作戦のバスタオルを持って、前撮りの写真も撮った。当然、この年も参戦しました。

daiji_2011.jpgdaiji_2012.JPG


子供が生まれた2013年も行きました。7.22に生まれたので、ギリギリセ〜フでした。今考えると恐ろしい選択ですね。この年は、伝説の「STAY GOLD」の年ですね。この場面は丘の上から見てました。感動したなぁ。幸運にも2011年の横浜AIR JAMに行ってたので、その興奮が一瞬で蘇りました。


daiji_2013.JPG


daiji_2014.JPG

2014年からは保育園の夏祭りと同日開催という事態に陥り、1日だけの参加になってしまいました。それでも、もしかしたらと思い、毎年2日券を買い続け、大作戦のTシャツ着て、保育園の夏祭りに行ってました。


daiji_2015.jpg


ついには、2016年はチケットが当たらず、行けませんでした。ついに皆勤賞が止まりました。毎回10-FEETしか発表されてない1次から申し込みしてますが、めちゃくちゃショックでした。それだけ人気なフェスになったんだなあと少し嬉しくも思いました。

ダウンロード.png


そして2017年。京都大作戦は10周年で初の三日間開催になりました。

しかも平日あり。しかも保育園の夏祭りと被ってない。スグに申し込み、見事三日券が当たりました。当たってからとにかく仕事を頑張って、金曜日に休めるように頑張りました。システムリリースの時期が変更して近づいたと思ったら遠のいた時はめちゃくちゃ嬉しかったです(笑)そして、三日間参戦。2年ぶり。めちゃくちゃ楽しかった。最初に参戦してから10年が経ってます。あの時と同じくらい感動や興奮は出来ませんでした。でも、ここで書いたような思い出への感情めちゃくちゃ湧き上がってきました。3日の半分くらいぼっちだったので、こんなことを思い出してました。

daiji_2017.JPG

2017年、10周年の京都大作戦は、いろんなところで話題になっているのでご存じの方もいるでしょう。ほんとうに3日目の最後1時間は、とても印象的で忘れることはないだろうなあ。本当に2時間もの中断の間、信じて待っていた良かった。



こうやって振り返ってみると、京都大作戦に行って自分の考えは変わったんじゃないかと思いました。

チームや仲間が好き。
みんなイイ人という性善説に立つスタンス。
マナーは守ろう。

これらを京都大作戦から教えてもらい、自分が変わったところかな。アーティスト同士が仲良く、コラボしたりMCしたりする。こんな仲間、チームって羨ましいなって素直に思います。曲やMCでのメッセージ、会場でのお客さん同士のやりとり。そんなのを毎年見たり聞いたり、時には自分も参加したりして、コツコツと影響を受けています。怪獣活動もハンスマもこのブログも、すべて性善説に立って行動しています。みんな仲間だし、みんないい人。マナーも守って、毎日を楽しみたい。そんな風に思えるようになりました。

また、京都大作戦にいてる時は、恥じらうことなく感情を出すようにしてます。照れずに話したり、叫んだり、踊ったり。自分を開放してる感覚です。10年前はまだ新人で仕事のしんどさ、家族もなく無責任な感じでしたが、今年はこの感覚がとても気持ちよかった。知らぬ間にいろんなしんどかったみたいです。竹原ピストル始め、ほとんどのアーティストで鳥肌立ちまくりでした。自分勝手に遊ぶことを許してくれ、協力してくれた家族に感謝です。

「京都大作戦2013の一生の想い出」|10-FEET TAKUMAオフィシャルブログ Powered by Ameba

Every time stand by you ! And every time I love you
I got understand in your chest And I got the nonstop free love

Every time stand by you ! And every time I love you
I find a true my mind is so weak in love
Do you like 10-FEET ?

IMG_2496.JPG


なにかひとつでも気付きがあれば「MeetUp大阪@FBページ」に「いいね!」をお願いします。

posted by @komeshogun at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @komeshogun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
なにかひとつでも気づきがあれば、Facebookページに「いいね。」をお願いします。